写真集『海とともに』を頂きました。

当店に昨年から置いてある『山田写真』の製作者である柴田さんから南三陸町の風景を
まとめた写真集『海とともに』を頂きました。

海とともに

この写真集は、山田町と同じように被災前の写真集を作成し、それを町民の皆様に
配布するためプロジェクトとして製作されているものです。

「南三陸町のみんなに写真集を届けようプロジェクト」
http://minamisanriku-photo.jp/

こちらの写真集がカフェクロスポイントまで届いた経緯はこちらをどうぞ。

『南三陸町のみんなに写真集を届けようプロジェクト』への協賛について
http://ymd-photo.net/mt/announcement/2012/03/post-18.html

南三陸町の被災前の写真集「海とともに」をCafe Cross Pointに置かせていただきました
http://ymd-photo.net/mt/announcement/2012/04/cafe-cross-point.html

少しだけプロジェクトのサイトにある文章を抜粋させて頂きます。

————————————–
またここでやっていこう、と力が湧くものを

きっかけは,町の写真屋さんからのご提案でした。佐々木さんは代々続く町の写真屋で、
震災前から町の写真を撮り続けていました。それを写真集にして町の人たちに配りたいと
お話をいただいて。佐々木さんが最近地元で写真を撮っていると、あの時の写真は残って
ないかとか、この場所の写真はないのと聞かれるそうなんです。そこで、私が企画役として
関わって、佐々木さん以外の方の写真も合わせて写真集をつくり、南三陸町の4890世帯に
加えて、この3年間で高校を卒業する1500人と、学校等の公共施設に配る分1000冊の
合計7390冊の印刷代について、全国のみなさんに協賛していただく形を考えました。
この写真集には、震災後の写真は一切入れずに、震災前の写真だけを入れたいと
思っています。何でもない町の風景やお祭りの写真など。震災後の光景はもう毎日
見ているし、すでにたくさん世に出ているから。私たちは、町が被災地として見られ、
報道されることに、少し疲れているのかもしれません。もちろん、報道されるからこそ
ボランティアの方も来てくれて、支援をいただいているのも事実です。でも見たくないものを
繰り返し見て、無意識に自分たちを可哀相と思うようになっていったり、元気を取られていく
ような感覚もあります。だから私は、町の人たちがまたここで頑張っていこうと思えるような、
力の湧くものをつくりたい。
————————————–

復興というのは単純に形を元通りにすることではなく、今までの積み重ねてきた歴史や
そこに生きる人々の思いを踏まえて、これから先も続く日々の営みをまた前向きになれる
ようにしていくことだと思います。

そこには様々な取り組み方があると思います。
何が正解かは難しいところでもありますが、山田町にせよ南三陸町にせよ、その地に住む
人々が元気になれること。そこでこれからも生きていくことを前向きになれるような取り組み方を
カフェクロスポイントでも応援したいと考えています。

海とともに

是非当店で手に取って頂ければ幸いですです。

カテゴリー: 写真,   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です