ワクワクする出会い。

2017年6月30日、池袋に「梟書茶房」というカフェがオープンしました。

「本と珈琲」というコンセプトでカフェクロスポイントとも似ているし、
色々な仕掛けがたくさんあるお店とのことで、ニュースを見た時から気になってました。
カフェとしてはドトールコーヒーさんが、本としては神楽坂にあるかもめブックスさんが担当した
コラボレーション型のお店なんだそうです。

「店内で自由に読める約1000冊の本は、「あらたな本との出合い」をテーマに選書しています。」

とのこと。
大手で有名なところが作るブックカフェってどんなかしら?という興味から
実際に訪れてみました。

様々な媒体で色んな方がレポートされているので、細かい部分は省きます。

今回ブログに書きたかったのは、店内の1コーナーである「シークレットブック」と
呼ばれる本の販売エリアです。
こちらは全てオリジナルのブックカバーで袋とじされているので中身が分かりません。
表にナンバーとスタッフによる紹介文、「読みやすさ」とか「役に立つ」みたいなものが
ポイント制で点数が付けられています。

自分で選んで本を買うとなるとやっぱり選択肢には限界があるし、目に付くものとなると
どうしても偏りがち。こういう半分くじ引きみたいな感じでワクワクしながら選ぶ楽しみを
書籍でもできるというのはとても面白いなぁと思いました。

そしてズラッと並んでいるものを適当に幾つか見ている内に、1つ気になったことがあります。

「オススメ本として選ぶなら…の1冊目は何にしたんだろ?」

シークレットブックのNo.1。栄えある第一歩。
どんなチョイスをしたんだろう。

ということでお持ち帰りしてきました。
紹介文を読む限り、かなりフランクな雰囲気の一冊のようです。

さて実際は…

秘密です。
お店に置いておきますので、気になる方はCCPの本棚のどれなのかを想像しながら
手に取ってみることをお勧めします。

あれかなぁ、これかなぁと色々寄り道している間に自分好みの出会いもきっとあると思います。
パソコンを前にしてキーワード検索して。欲しい情報へ最短距離へ進むとは別で
カフェの中でくらいはそれくらいゆったりまったりしてもらえたら、と。

そう願って、皆様をお待ちしております。


カテゴリー:   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です