月別アーカイブ: 3月 2014

美味しいコーヒーを淹れるポイント。

前回はコーヒーをハンドドリップで淹れる時の流れは前回ご紹介しました。

コーヒーの淹れ方、お教えします。

今回はそれを踏まえつつ、美味しいコーヒーを淹れる時におさえておくと良いポイントをご紹介します。
大きくまとめると、ポイントは4つ。

○お湯の温度は90度前後
お湯は温度が高いとコーヒーの苦みが。低いと酸味が多く抽出されます。
自分好みの味をイメージしつつ、温度は調整してみると良いですね。

カフェクロスポイントでは90度ちょっと(明確に言うと92度)を目安にしています。
簡単にこの温度にするには一度やかんで沸騰させてからポット→やかん→ポットと
往復させることで大体これぐらいの温度になると思って頂ければ。

○コーヒー豆の粗さ
コーヒー豆をどのくらいの粗さにするのかによって味は変わります。
細かくすればするほど濃く、粗くすればするほど軽く仕上がります。

カフェクロスポイントでは中挽きを推奨しております。
ざっくり言うと、グラニュー糖ぐらいの粗さですね。

○コーヒーの旨味をしっかり引き出す「蒸らし時間」
前回の流れで説明したように、1投目と2投目の間に蒸らし時間があります。
この時間でコーヒーの旨味をしっかり出す必要があります。
ただ、やりすぎはコーヒーの雑味やえぐみも出てしまうので、加減が大事ですよ。

分かりやすいポイントとして、前回の記事の5枚目の写真で中心にぷくっと浮き上がっている
泡はコーヒーの雑味やえぐみがまとまっているものです。

コーヒーの淹れ方
これも落ち切ってしまうぐらい待ってしまうと、美味しいコーヒーにはなりません。

○お湯を注ぐスピードは前半ゆっくり、後半スピーディー
お湯を注ぐスピードは最初から3投目の途中までじっくり。
最後はスピーディーに注いで適量までコーヒーを落とします。
あくまでスピードは2段階で、それぞれのスピードで一定を保つことがポイントです。

以上4つです。
簡単に書きましたが、このポイントを意識的に変えることで同じコーヒー豆を使っても味は変わってきます。
是非自分が一番美味しいなぁと思えるコーヒーを探してみてくださいね。

コーヒーのある所に、平和と繁栄あり。
皆様の素敵なコーヒー生活を願っています。

【美味しいコーヒーの淹れ方講座】
○コーヒーの淹れ方、お教えします。

○美味しいコーヒーを淹れるポイント


カテゴリー: コーヒー, 紹介 | コメントをどうぞ